2009年9月 1日 (火)

バスケ全日本男子の再強化を握る『心技体』のバランス

最近はバスケを取り上げない朝日新聞のスポーツコラム「萩原美樹子の目」で、アトランタ五輪後の女子は5~6年間は不動メンバーだった例を出した上で「今の男子代表は青い果実のようなもの」だからドアをノックし続けることをやめないでほしいと2006年世界バスケ惨敗の全日本男子をかばった。

 

しかし彼らが集結して5~6年が経った今、決断の時なのかも知れない。

 

次期東アジア大会男子HCに小野秀二さんの名前があがったそうだ。

 

遠い記憶には、国際試合で山本浩二さんからの交代でコートに入った瞬間からアグレッシブなディフェンスをする姿がうっすらと浮かぶ。

 

今回なぜにHCになるのかという布石がないかとネットを調べるが、特に見当たらず結果的に世界バスケ終了時の自分のブログに辿り着く。

 

 「世界バスケ終わる

 

ブログでは上で紹介した萩原さんのコメントに続き、小野秀二さんが「『心技体』の心が乱れたらいいプレーに繋がらないことが勉強になった」とし、「ディフェンスのいいチームが勝ち上がった(ことを見直して欲しい)!」と訴えたことを取り上げている。

 

この観点から言えば、今アジア大会を見る限りでは現メンバーに成長の後がなんら見られなかった結果となった。

 

元々ディフェンスに励んだ選手時代のプレースタイル、現在の日立HCとしての言動、コメンテーターとしての言動は常にディフェンスに重点が置かれていて彼のポリシーと伺えるし、そこに信念が垣間見える。世バス最終戦の解説をした小野さんのコメント内容が今、そしてこれからに響く。

 

おそらく小野さんは、強いハートを持ったディフェンス中心の展開を強化ビジョンとして取り組むことだろう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

ジュニア育成

昨日はオンザコートルールに絡むビッグマンの確立が全日本強化に繋がるとし、ビッグマンに必要な【ハートと体幹】のうち、ハート...

» 続きを読む

| | コメント (0)

オンザコートの弊害(その2) ~ 本当の強化とは

オンザコートに端を発して思い巡らし、全日本男子の強化策に話を転じてみる。 竹内兄弟がオンザコートルールの上でそれぞれのチ...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

オンザコートの弊害 (その1)

コメントを入れるだけのつもりだったがどんどん長くなってしまい、久し振りにこちらにアップする。 以前も三上さんブログに呼応...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2007年3月15日 (木)

WJBL:富士通やぶれる!

経験の差は、年齢差により跳ね返された。 平均年齢で5以上の差がある富士通とJOMOのファイナル最終戦を観に船橋アリーナへ...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2007年2月16日 (金)

最近のテレビでのバスケの取り扱い

ジョーブライアントと田臥が英語でしゃべらナイトに出演した。  ※釈由美子は魅力あるかも、、、 この前は、フジテレビのスポ...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2007年2月12日 (月)

シャンソンに破れる

ryoさんのブログへのわたしからの応援メッセージには、 今シーズン残り3試合について「全然気は抜けない試合です」と 気合...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2007年1月31日 (水)

フジテレビ:スポルトでbj(2)

本日、なんとbjリーグオールスターが特集。 時間はなんと10分を超えるドキュメンタリータッチ。 準備に奔走する姿と、沖縄...

» 続きを読む

| | コメント (3)

2007年1月30日 (火)

【号外】 iPhone の操作性

アップルは、1月9日のマックワールドエキスポでiPod機能搭載の携帯電話を発表した。 この操作性を解説する映像を見ること...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2007年1月19日 (金)

バスケが日本で根付くために必要なもの(4)

◆4◆ 文化的/社会的に認知されている競技

 今回の全日本バスケットボール選手権大会がテレビ各局のスポーツニュースにおいて、おそらくこれまでで一番大きく取り上げられた。世界選手権に始まった新しいバスケ元年度のシーズンとしては大いに社会的認知度を上げたと言える。

 世界選手権の開催を知らない人でもスポーツニュースで取り上げる機会が増えスポーツエンターティメント番組などに出演するバスケ選手も以前に比べれば今年度の露出度は比べ物にならない程多くなった。そういう意味でのメジャースポーツへの仲間入りの一歩を着実に踏み出したようには思える。

田臥が能代工高時に社会現象となったことと、今の五十嵐旋風を比較すると決定的に異なる点は五十嵐はプロ選手であり、日本代表選手だという点だ。

それがゆえに本人もマスコミ対応がしっかりしており「会場に足を運んで欲しい」といったバスケ界発展を願う発言が多い。またそれに対してマスコミが喰らい付いている状態と解釈する。

ある意味で企業対抗の日本リーグ時代に築き上げた運営の形を「日本バスケットボールリーグ」として新しい形に昇華していくことで地域文化としてのスポーツ種目として認知が強まるよう期待したい。

Jリーグやbjリーグで経営的に成功し注目されているのは地域に密着した運営で利益を得てファンを増やした球団である。プロリーグとして認知されていても競技として地元には根付いていない地域でファンを増やせると証明できたのだ。

企業対抗の色を薄くしてアプローチすれば「みる」競技/応援したい地元のチームとして文化的に根付くのである。これをbjリーグと新リーグにそれぞれ体現して欲しい。

» 続きを読む

| | コメント (2)

バスケが日本で根付くために必要なもの(3)

◆3◆ プロ競技

 これまで当ブログではサッカーや野球の日本人プロ選手がいかにして自分の携わる競技の普及に尽力しているかの動向に触れながら、プロ選手の影響度の強さをねたんできた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

バスケが日本で根付くために必要なもの(2)

◆2◆ 趣味的な競技  まず、「やる」競技としてみてみる。  サッカーにおいては室内バスケコートを使えるように考案された...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«バスケが日本で根付くために必要なもの