« チューから見たパブリセビッチ@欧州バスケ | トップページ | JAL 世界バスケ・メインスポンサー »

2006年4月 4日 (火)

なるほど日本バスケ協会!

昨日、なぜアナウンスが無いのかと日本バスケ協会サイトの「プロ化」のページを見ていた。

スポーツニュースで、慎吾@SMAPを中心に据えて、テレビ朝日局舎に掲げたサッカーW杯応援壁(?)の除幕式が流れた。

「あ、なるほど!」、ピンときた。

TBS・JABBAはこの瞬間を待っていたのだ。これより前に広告費を使っても、この騒ぎに全て掻き消されてしまうのは、読める。ならば便乗か、後出し、が効果的だ。


と、今朝の読売新聞に「バスケ、プロ化!」の見出しを発見。

昨夜の予感・読みが当たったかも知れない!


・Sリーグ七チームに札幌・大塚商会・千葉バジャーズを加えた10チーム。
・日本リーグは解散。
・選手は社員契約も可能とする。
・チーム名称から企業名を除く。
・興行権利をホームチームが保有する。
といった内容。

Jリーグとbjリーグの特徴を表面的に模しただけの内容で、「一度やると言ったから、始める」といった印象を拭えない。

サッカーは古くからピラミッド構造の組織が協会・リーグ・地場のチーム・指導者・大会に根差してきたから、移行が上手くいった面もあったハズ。

一つ、1番重要な課題をあげるならば、bjにも言えるが、入れ替えのないリーグ戦ほど緊張感の無いものは無いだろう点だ。

またトライアウトするようだが、現在企業として抱える選手との入れ替えも(淘汰は致し方ないが)心配だ。近年は移籍が多いので、それほど違和感は無いだろうが。

名前の決まっていないこのプロリーグからのみ全日本選手が招聘され、世界に繋がると強調しているようだ。
選手が参加辞退することのないような関係作りを望む。


と、打ち込んでたら、ロナウジーニョの電車ボディー広告列車が入線してきた・・・六月には、田臥の顔がここに貼られるのかなぁ?


|

« チューから見たパブリセビッチ@欧州バスケ | トップページ | JAL 世界バスケ・メインスポンサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75118/1276441

この記事へのトラックバック一覧です: なるほど日本バスケ協会! :

« チューから見たパブリセビッチ@欧州バスケ | トップページ | JAL 世界バスケ・メインスポンサー »