« JBL移籍競技者名簿 公示! | トップページ | レィカーズ・ケミストリー!? »

2006年4月27日 (木)

レィカーと元レィカー、二人の成長

Shaq@HEAT が、Wada@HEAT のチームオーダー(オフェンス時の選択)を「ファーストオプション(最初にパスをしてシュートさせること)で当然だ」と認めるようになったという談話を雑誌で読んだ。
大学、そしてNBAに入って、ずっと自分がファーストオプションであると主張し続けてきた男が、大人になった。

そして、今日 Kobe@Lakers がローポストの Odom & Brown にパスを供給し、Odom の21得点を演出したとNBAニュースが報じている。Kobeは得点王の初勲章を胸に今playoffに臨んでおり、これまでの彼なら「自分が決める」と前面に出ていたところだろう。
しかし、Game-1 の敗戦でわたしも指摘したリバウンドの差を埋めるべく、自身で10リバウンドを奪い、チームハイを記録し、チームメートを鼓舞した。

シーズン中にはKobeの子供誕生を機会にShaqがコート上で祝福の声を掛けただけで「世紀の和解」と報じられるくらい、これまで両者(Kobe-Shaq)の間の確執が取り沙汰されてきた訳だが、Shaqはパット・ライリーをヘッドコーチに迎え、自制心が芽生えた。
また、Kobeは得点王を獲得したことで一皮剥けた!

Lakersは、Kobeがパスを供給することで敵ディフェンスの的を絞らせず、またOdomやBrownのモチベーションをアップさせることで、ルーズボールやりバウンドに捨て身で確保する結果をもたらしているようで、ケミストリーが生まれたようだ。
これは、フィル・ジャクソンの手腕の一旦だろう。アップセット(season順位上位を破る)も夢ではない目が見えてきた。

言うまでもないがHeatも、ファイナルの目が無い訳ではない!

|

« JBL移籍競技者名簿 公示! | トップページ | レィカーズ・ケミストリー!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75118/1593218

この記事へのトラックバック一覧です: レィカーと元レィカー、二人の成長:

« JBL移籍競技者名簿 公示! | トップページ | レィカーズ・ケミストリー!? »