« 世界No1バスケ TBS全面的に露出開始! | トップページ | I'm Feeling Lucky,,,NO! »

2006年5月 6日 (土)

わたしをバスケイベントに連れてって!

5月5日 ストリートバスケットボール・イベント
【HOOP IN THE HOOD】 (フープインザフッド) <
HITH>

HITHオフィシャルサイト: http://www1.ttcn.ne.jp/~dope/

今日は楽しめた!

楽しませること、それがエンターティメントだ。
そういう意味で、トータルでHoop In The Hoodはエンターティメントしていた。

ストバスは初めての観戦、しかも夫婦で。隣で嫁さんは、大興奮。
大学の時から一緒に(競技)バスケを見てきて目の肥えている彼女。
あれだけ興奮してバスケを見ている彼女を見たのは初めてかも知れない。
「同じフロアで同じ目線で見れて、選手の息遣いが聞こえるくらいの迫力が凄かった」と言っていた。

バスケに限らずエンターティナーのプロは、最高の技術を最高に魅せて、感動を呼ぶ。
最高の技術が無ければ、無理にエンターテイメント化しようとして空回りしているのはバレる。

嫁さんもバスケのファンダメンタルがなんぞやということについては、ある程度理解していて、今日の参加チームのファンダメンタルの高さが、彼女の手放しでの応援を呼んだのかも知れない。いいプレーには大拍手していた。

観ている人が何を求めているのかがわからなければ、エンターティメントは成立しない。

映画「コットンクラブ」で、ファンになったグレゴリー・ハインズがタップ公演に来たことがある。
タップだけの独演というシチュエーションに慣れなかったため、わかりづらかったが、目一杯のショーを展開してくれたの見せられ、「あぁこれが本場の最高のエンターティナーなんだな」と感じたが、それを今思い出す。

最初の感動は、塾長(司会・主催DOPE代表)の開始時の挨拶だった。
「バスケを楽しみ、またいろんなバスケのイベントに足を運んで欲しい」というコメントに、今のバスケ界を象徴する「普及のための願い」が込められていた。
これが、このイベントを開催する主旨であり、これが観客に通じればこのイベントは成功だ。この挨拶を聞いた時点でイベントの成功を少なくともわたしは確信したのは言うまでもない。

独自ルールの説明を敢えてしないで進めたが、なぜかすんなりゲームを楽しめた自分がいた。きわどい判定もあったが、キッチリと審判がジャッジし、審判を侮辱するようなジェスチャーは、ほとんどなかった。下手な競技バスケよりも、選手のマナーの良さを感じた。これは<舞台裏ルール>があるのかも知れないが、大会全体を引き締めた要因の一つであり、エンタメ性を盛り上げた影の演出となったようにも思う。

バスケは本来、入れあうだけの単純なゲーム。細かなルール理解は不要であり、不要であること自体がバスケのエンタメ性の高さなのかも知れない。

あとは、予選を勝ち抜いた8チームでのトーナメントの合間に行われるアトラクションも、観客を飽きさせることなく、いいタイミングで盛り込まれていた。

見ていてダレたのは、50人位が列に並んだ「決めれば賞品が貰えるフリースロー大会」だけだ。男子1本、女子2本で、シュートを決めればスポンサー提供のグッズを貰えるというもの。嫁さんはトライしたが、残念ながらリングをはじかれた。

経験者(現役)の女子はシュートを見ればわかる2本撃てば1本は入るに決まっている。
どうせなら経験者には「ノックダウン」(アメリカでポピュラーなフリースロー&ゴール下のゲーム)を競わせると見てる者も楽しめるハズだ。


他のイベント:小学生によるHIPHOPダンスや、男子ダンス2チームのダンス対戦や、フリースタイル・ショー、そしてダンクコンテストは思わず見入るだけの味があった。全体に流れるHIPHOP音楽が場を盛り上げ、塾長のマイクパフォーマンスがうまく観客の気を惹き付けたのだろう。

他のバスケイベントに行きたくなるキッカケには充分なイベントだった。
まさに、『わたしをバスケイベントに連れてって!』、だ。

次のサイト 次の次へ 説明
前のサイト 前の前へ 本部
サイト一覧 ランダム 管理者

|

« 世界No1バスケ TBS全面的に露出開始! | トップページ | I'm Feeling Lucky,,,NO! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75118/1688818

この記事へのトラックバック一覧です: わたしをバスケイベントに連れてって!:

« 世界No1バスケ TBS全面的に露出開始! | トップページ | I'm Feeling Lucky,,,NO! »