« bjリーグファイナル | トップページ | 『世界No1バスケ』 ポスター発見! (その3) »

2006年5月 1日 (月)

KOBE王手!

このところ連続でPlayoffの中で気になる対戦として取り上げているレィカーズが、Kobeの活躍でシリーズを3-1とリードし、アップセットまであと1勝とした。

シーズン7位のチームが2位のチームを破るのは、たまにあることだがシーズンMVPを獲得したNashを擁するSUNSは磐石と思われたが、3戦のBS中継でKobeが語ったように「今のレィカーズはシーズンとは変わった。皆でプレーして勝ちにいける」ことを体現している。

4Q残り10秒で85-90の劣勢で、KobeからSmashへの横断パスからのスリー!
SUNSのタイムアウト後、残り7.9秒からの再開。サイドラインからのSUNSスローインをKobeとSmashがしつこく邪魔をする。パスキャッチをなんとNashがファンブルし、ポンとSmashがはじいたボールはGeorgeの手の中へ収まり、ハーフラインを過ぎるまでドリブルし、併走しているKobeにパス、全てを託す。
Kobeはステップでディフェンス一人をかわしシュートに行くが、ブロックに飛んで来たのを見て、バンクショットに行くところをハイループのレィアップに変更し、ボールはブロックの上を通過した後にリングに吸い込まれ、同点!

延長では、残り49秒にNashのスリーで95-98と逆転された後に、残り11秒にKobeのレィアップで2点返した。残り6秒のジャンプボールでWaltonのはじいたボールを拾ったKobeがフリースローライン横までドリブルしてのミドルショット!  ・・・パサッ、とまたもやボールはリングの中へ。
逆転、99-98!!

4Q残り10秒でのKobeからSmashへの横断パスは、実は右ローポストのあたりでディフェンスがタイトでシュートが出来なくなったKobeが、左45°に唯一フリーになっているSmashへの、ある意味苦し紛れのパスだったとも言えるが「信頼」の賜物だろう。
これに応えてSmashがスリーを決めたのが逆転劇の始まりだ。

前のゲームを中継で見たところ、要所ではエンドからのスローインや、ディフェンスリバウンド後にはPGのSmashを超えてKobeにボールが集まり、Kobeがゲームをコントロールしている。しかし、Smashは前のゲームも含めて、Wade@Heatのような役割を十分に担っていると言える。

尚、プレイオフで、3勝1敗までいったケースでは過去に160回のうち153回勝ち上がっているとのことだ。レィカーズのアップセットは95.6%の確率となった!



次のサイト 次の次へ 説明
前のサイト 前の前へ 本部
サイト一覧 ランダム 管理者

|

« bjリーグファイナル | トップページ | 『世界No1バスケ』 ポスター発見! (その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75118/1635573

この記事へのトラックバック一覧です: KOBE王手!:

« bjリーグファイナル | トップページ | 『世界No1バスケ』 ポスター発見! (その3) »