« 「世界バスケへの道」はじまるよ! | トップページ | 外人選手の必要性から考察する日本バスケの発展性 »

2006年5月23日 (火)

bjリーグ ドラフトが終わって

まず現場の皆様、ご苦労様でした。

会場に集った選手の皆様、お疲れ様でした。

会場でひしめきあったメディアの皆様、がっつり報道願います!

さて、運命の日ドラフト会議から一夜明けて、ドラフトについて少しだけ
コメントさせてください。

bjリーグは、その準備段階より国外のリーグを対象に研究を重ね
ファーストシーズンのために様々なルールを作りました。
そして、そのルールを必要に応じて変更できることもルール化しています。

 ※福岡の解散・JBL脱退を受けて「アーリー・チャレンジ制度」を
  設立したのは記憶に新しいですね。

「bjリーグ宣言」のポイントの一つである「フェアネス&オープン」を掲げ
戦力確保のための「トライアウト」と「ウェーバー制ドラフト」を採用しました。
これについては、NBAに習った形ですが、ルールとして準備した事は
重要な部分だったと思います。(JBLの移籍の不透明さと比べれば…)

そのルールの上で、各チームがどう行動を取ったのかについては
ドラフト結果通りです。
しかしこれはチームの戦略であり、リーグの失態ではありません。

またルールとして、リーグの数やチームの数を計画的に設定する
「エクスパンションドラフト」では、2チームが指名しないという
駆け引きに出た点は目を見張りました。

ドラフト指名権を放棄してまでプロテクトされたプレーヤーは
チームに必要だとされたことで、これまで以上に帰属意識を増長させ
チームプレーヤーとして尽くしてくれることと思います。

  ※特に5順目からの参加となった東京・埼玉は飛躍を期待!

選から漏れたプレーヤーにおかれましては
ドラフト終了後、河内コミッショナーのコメント にある
「ドラフトで指名されるのが難しいということがわかっただろう」
という点に着目し、是非チームトライアウトに臨んで欲しい!

  プロ野球のドラフト1位は、契約金1億というステータスが
  ありますで、同じプロとして同じような様相を呈することも
  重要に思います。

一方、ドラフトを見ただけで
 「選手への報酬を下げるのではないか」
 「B契約で固めるのではないか」
という憶測が飛んでいるようですが、以下のように考えます。

 ・「サラリーキャップ制度」もあるのだし、
 ・いたずらに報酬を下げることは
  モチベーションを下げることになり、
 ・またこれから「bjリーグに入りたい」と思う
  子供達の「」を奪うことになり
 ・影響が大きくなります

よって、権威あるドラフトの位置付けが確立されたと捉え、
赤字のファーストシーズンとドラフトを直結させるような
考えは捨てて欲しいと思います。

何故なら、bjリーグは「フェアネス&オープン」のもとに
ファン・株主・スポンサー・メディアなどの利害関係者全員の
公平性を保つために最大利益・最大満足を目指す

としているからです。
ファンを裏切るようなことはしません!

セカンドシーズンでの飛躍を祈ります。

 ※契約のタイプ
  A契約 契約期間1年間、かつ基本報酬が300万円以上
  B契約 A契約以外で、契約期間1日以上1年以内(最低保証なし)

|

« 「世界バスケへの道」はじまるよ! | トップページ | 外人選手の必要性から考察する日本バスケの発展性 »

コメント

リーガ東海については、詳しくないですが独立リーグ的な位置付けでしょうか。

キリンさんは、手広くスポンサーやってくれますので、直接関係あるのかはわかりません・・・

リーガ東海サイト
http://www.liga-tokai.com/p/

でかでかとキリンの文字が。

投稿: kawashiman | 2006年5月26日 (金) 12時23分

リーガ東海はJBLやキリンと関係があるみたいですね。だとしても、やりにくいってのあるんでしょうかね?

ドラフトはオープンな仕組だし、メディアの注目を集めやすいので、良い仕掛けだと思います。こういうスキームをまず作り上げたところは今後への安心感を生み出しますね。

投稿: 機種依存 | 2006年5月26日 (金) 01時20分

リーガ東海など大きなリーグもあるようですし、JBLのように「移籍競技者名簿」のような公表をしない限り、ドラフト指名は出来ないのではないでしょうか・・・

投稿: kawashiman | 2006年5月25日 (木) 12時08分

どうもドラフトの指名数が少ないと思ったら、指名するとA契約って縛りがあるんですね!
愛知の話題が出てますが、bjって、意図的に愛知を避けてるような気がするんですが・・・考えすぎですかね??

投稿: バスケット王国 | 2006年5月25日 (木) 01時32分

あきひろさん、こんにちは。

bjリーグでは、2007-2008シーズンに向けた新規参入チーム公募を行ないました。

http://bjleague.livedoor.biz/archives/cat_50029732.html

茨城県、長野県、群馬県、奈良県、福岡県、沖縄県、その他2チームが申し込みをしました。

ホームアリーナを持つこと、3億円の支出をまかなえるのか、などいくつかの審査があります。審査を通れば、参加が可能になります。

逆に言えば、条件に合うように会社を作って申請すれば参加は可能!という状況のハズです。

愛知は、高校・大学と全国レベルのチームを擁していますので、地元(の学校)出身選手を集められる土壌はあると思います。

また、「リーガ東海」というクラブチームによるリーグも出来る(ある)と聞いています。

逆に、いろんなバスケが見れる地域だと思われ、うらやましいと思います。

投稿: kawashiman | 2006年5月24日 (水) 10時03分

bjリーグ興味はあるのですが、地元東海圏で試合やらないので、観戦機会がなく残念に思ってます。愛知でチームを作るのは、難しいんですかねぇ。

投稿: あきひろ | 2006年5月23日 (火) 23時43分

コメありがとうございます。

狭いバスケ界で、ブースターがたった1年でbjを捨ててしまえば、次に頼る先は無いんだということを忘れてはいけないですね。(^_^)
bjの灯は消してはいけません。


『「バスケがしたい!」のは選手だけではない』、重い言葉と受け止めます。

バスケが普及されるよう頑張りたいと思っています。

よろしくお願いします。

投稿: kawashiman | 2006年5月23日 (火) 17時12分

はじめまして^^ リンクありがとうございますm(__)m

>ファンを裏切るようなことはしません!

その通りです。そして、bjは夢の実現の場でなければなりません。
企業の広告塔のみを主眼とし、官僚化していったどこぞの集団を反面教師として、あくまでバスケを純粋に愛するものすべての満足を達成しなければなりません。
無論、非常に困難なことでしょう。しかし、小さな想いがたくさん集まって創り上げたリーグですから、必ずそれを実現すると信じてますし、実現させるのはチームやリーグだけでなく、すべてのブースターの責任でもあると考えます。初めから傍観者的な立場を捨てましょう。そして、自分も当事者なんだという意識が必要だと・・・それがbjリーグなのだと信じています^^ 「バスケがしたい!」のは選手だけではないのですから^^

投稿: aries | 2006年5月23日 (火) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75118/1906970

この記事へのトラックバック一覧です: bjリーグ ドラフトが終わって:

» 2006-2007年のbjリーグドラフト会議速報!!そして結果 [バスケットな日々]
今日の14時から、公式HPでドラフト会議の速報が行われるようです。ドキドキ…。誰が指名されるんだろう…。 仙台89ers氏名ポジション身長(cm)体重(kg)年齢出身地経歴高橋憲一SG1837525秋田県秋田県立秋田工業高校→東北学院大学→日立電線主な成績:2001年オールジャパン出..... [続きを読む]

受信: 2006年5月24日 (水) 01時03分

« 「世界バスケへの道」はじまるよ! | トップページ | 外人選手の必要性から考察する日本バスケの発展性 »