« 日本代表へのエール交換! ~クロアチア | トップページ | ボールパーク → 日本のスポーツ組織&スポーツクラブ »

2006年6月17日 (土)

[世界No1バスケ] コバトン & バッドばつ丸

kerorirorinさんの「籠球日記」で、コバトンが世界バスケに一役買っている新聞記事が紹介されていた。
http://d.hatena.ne.jp/kerorirorin/20060616

  「世界バスケを応援しよう 県がコバトンのピンバッジ販売」
   http://www.saitama-np.co.jp/news06/12/19x.html

さいのくに国体(2004年)のキャラのピンバッチの売り上げを、FIBAバスケットボール世界選手権の【応援PR活動】に充てるというものだ。
19x

この【コバトン】は、埼玉県の鳥「しらこばと」(越谷市付近のみに生息する国の天然記念物!)をモチーフに、国体は次の県に「バトン」を渡すことなどに掛けて命名され、国体では異例のキャラクター関連商品売り上げ1億円を記録し、2005年1月からは埼玉県のオフィシャルマスコットとなったようです。

国体と前後して2004年の埼玉県内プロスポーツが好成績をあげ、「コバトン不敗伝説」も生まれたというシロモノです!
コバトンが飛んで来て、初戦ドイツ:ノビツキーのフェードアウェィのシュートを構えた時に、ボールを奪ってくれるといいのですが、、、

さて、2006年FIBAバスケットボール世界選手権の大会公式マスコットは「バッドばつ丸」と『チームばつ丸』だ。
http://www.fiba2006.com/event/event_j01.html

FIBA事務総長パトリック・ボーマンさんのコメントをまとめるとこういうことだ。

●バスケが世界1位のスポーツであるために若い世代に向けたアピールが必要
●そのためには(映画やiPodなど)流行にも目を配っていきたい

そして、バッドばつ丸については、

●バスケットボールの魅力を強くアピールしたい若い世代に最も適している
●大きい選手を相手に細かく動いて、相手をかく乱し、気づいたら得点してしまうイメージをかぶせた

とのことだ。まさに日本チームのあるべき姿とも言えよう。

ちなみに、バッドつん子の声優:大谷育江さんは テレビアニメ「ONE PIECE」でチョッパー役をしているそうだ。
チョッパー役は、休業のあと2006年5月21日放送分より復帰している。
折茂武彦選手(トヨタ自動車)が、今回日本代表強化合宿に参加/合流を発表したのが2006年05月16日だから、少〜しだけ『チームばつ丸』の存在が日本チームの結束力に影響を与えたと言える(かも知れない)。


チョッパーは、フランス代表:トニーパーカーに似ていないだろうか?20081916

|

« 日本代表へのエール交換! ~クロアチア | トップページ | ボールパーク → 日本のスポーツ組織&スポーツクラブ »

コメント

ばつ丸ダンサーズも後押しするようなので、もっと積極的にPRがほしいですね…

投稿: kawashiman | 2006年7月24日 (月) 13時23分

途中まで、「ふむふむ…」と読んでいたけれど、「トニー・パーカー」論で、ドテッとコケました(笑)。いいオチで(笑)。そう言われてみると???

でも、ばつ丸くんが「若い世代に最も適している」か どうかは、さて???

「しらこばと」橋、草加ICから越谷体育館に向かう途中で、通りました~。彩の国コバトン、熊谷国体の時の公式マスコットでしたね。イスバスの時、観に行ったら、駐車場のオジサンが、コバトンのステッカーくれました。

何気に埼玉に出没率、高いです、私。(^^ゞ

投稿: vinko | 2006年7月24日 (月) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75118/2256476

この記事へのトラックバック一覧です: [世界No1バスケ] コバトン & バッドばつ丸:

« 日本代表へのエール交換! ~クロアチア | トップページ | ボールパーク → 日本のスポーツ組織&スポーツクラブ »