« プロ意識が取り壊す壁 | トップページ | 個人技の差を埋めるもの »

2006年6月23日 (金)

競技の普及に必要なこと

先日紹介した、玉木正之さんの「スポーツ解体新書」(日本放送出版協会)で、

戦後の水泳ニッポンと言われてから低迷期が続いたが、最近優秀な選手が数多く育つようになった。
それは町の水泳教室が流行したことで、そこに子供を通わせる親が増えた結果である。またJリーグを中心とする地域密着したクラブが生まれたことで、サッカー人口が増えた。

高い頂点(世界トップクラスのチームや選手)は、少数のエリートに特別な教育を施すのではなく、広い裾野(スポーツを楽しむひとびとや競技人口の多さと、それを支える環境)から生み出される

としている。

同じ山に例えた普及論をもう一つ見てみよう。

これもまた沖縄の本屋さんで見つけた雑誌なのだが

「体育科教育」2006.6号(大修館書店)

だれでも楽しめるボールゲームの授業作り
が特集だが、こちらは別途ご紹介したいと思う。

その中の「スポーツ記者の目」というリレー連載。
今回は佐野慎輔さんだ。

佐野さんについてネットで調べてみると
徒然に‥‥スポーツの周縁から
というブログも書いていらっしゃる。

今回紹介した部分の登場人物が合致しているので、
おそらく佐野さんは同一人物だと思うのだが、、、

その登場人物とは岡野俊一郎さんだ。

岡野さんは、日本サッカー協会名誉会長、
国際オリンピック委員会(IOC)委員で、
簡単に言うと前の日本サッカー協会長である。

その岡野さんがスポーツ競技の普及についての
持論を展開したエピソードを佐野さんが紹介している。

「その競技の普及には『噴火型』であらねばならない。

競技スポーツと生涯スポーツの二重構造の中で
普及というと、裾野を広くすることばかりに目が行くが
そうではない。

裾野がいくら広がったとしても中心(のレベル)が
低ければ「まんじゅう」のような形にしかならない。
噴火で溶岩を吹き上げて、流れ出る溶岩が
(普及という)広がりを作っていくのだ。

これが岡野さんの普及論だという。

佐野さんは、今年上半期に日本のスポーツ界に大噴火
(荒川金メダル・WBC)があったが、フィギュアと
野球界うまく普及に結びついていないと嘆き、

【噴火で流れだした溶岩をどう生かすのか。
 偏(ひとえ)に、人と組織の意識の高さにかかっている】

と締めくくっている。

含蓄のある言葉だ。

玉木さんと佐野さんの両者に共通するのは、トップリーグと下部(リーグ)組織での教育のバランスではないだろうか。

fibaバスケットボール世界選手権には
世界から注目のチーム・選手が大挙押しかける。
考えてみたら、それだけでも噴火ではないか!
2mクラスの選手が空港から入国するだけで
それはニュースになり得る。
修学旅行生がいたりすれば、携帯で写真の
撮りまくりが始まるに決まっている。

ファイナルラウンドは勝ち上がったチームが
さいたま市に集結して噴火の準備が始まる。
そして噴火するに違いない!
大会ポスターの2バージョン目は噴火
イメージしてるではないか!!
Funka

組織(協会・プロリーグなど)については
我々の力は及ばないだろうが、
ファンは充分に大会をそしてバスケを盛り上げようではないか。
その盛り上げ方如何により
以降のバスケットの普及度合が決まるのだ。

応援を呼びかけよう!
試合を盛り上げよう!
バスケに興味ない人にも呼び掛けよう!
試合を観てもらおう!

|

« プロ意識が取り壊す壁 | トップページ | 個人技の差を埋めるもの »

コメント

バスケット王国 さん、コメントありがとうございます。

玉木さんの本、ぶ厚いんですよ、これがまた。
がんばって読みます。

投稿: kawashiman | 2006年6月25日 (日) 14時25分

ariesさん、共感頂きありがとうございます。
共感記事にTBしようと思いつつ、fc2のアカウントを失念してしまい、さらにコメントしようにもエラーで駄目みたいで、、、お礼まで。

噴火させましょう!

投稿: kawashiman | 2006年6月25日 (日) 14時19分

玉木さんの本を読んだことがありますが、盛んに底辺の拡大を唱えてました。底辺を拡大するためにも頂点の『噴火・・・』必要ですね!

投稿: バスケット王国 | 2006年6月25日 (日) 05時24分

なるほど、まさに噴火が必要ですね。自然着火を待っているだけで、火をつけなければ燃え上がらない。せっかくの火種があるのに放っておいては、いままで通りくすぶって終わってしまいます。
火種を消さないよう、応援しましょう!!

投稿: aries | 2006年6月23日 (金) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75118/2343760

この記事へのトラックバック一覧です: 競技の普及に必要なこと:

» 次はバスケだ!(^^b [Bloody Virgo Selfish B.B.Reports]
世間を賑わせていたWCで、日本がブラジルに敗れ1次リーグ敗退ということになりました。たいへん残念ではありましたが、選手達にはよい経験が積めたものと思います。全国のサポーターも朝早くから起きての、若しくは寝ず... [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 23時32分

» バスケ世界選手権・・日本人が見えない? [Selfishness]
ちおさんからコメントをいただいて、井上先生のコメント を見てきました。 日本人選手の露出がない・・。たしかに ポスターを見てもビルの谷間の空間に ヤオミン選手等がプレイしているものや、 TBSのページには噴火口?(クレータ ー?)に向かってダンクしてい....... [続きを読む]

受信: 2006年6月30日 (金) 23時00分

« プロ意識が取り壊す壁 | トップページ | 個人技の差を埋めるもの »