« バスケ代表 猛特訓中 | トップページ | バスケットボール界の現状(1)~ピラミッド構造(その二) »

2006年7月 3日 (月)

バスケットボール界の現状(1)~ピラミッド構造

バスケットボールの普及について、いろいろと調べ、考えてきた。

プロ化の道は、これから地を固める段階であり、プロ論議については一旦触れずに現状のバスケットボール界を取り囲む環境について、自分なりにまとめていこうと思う。

理解しやすいように、いくつかの視点で現状についてセグメント化していこうと思う。

何回かに分けて書き進めようと思う。今回は、堅固なピラミッド構造を古くから作り上げてきたたサッカー界に対比してバスケットボール界を見てみる。

◆あるようでないピラミッド構造

各リーグが乱立状態であり、確かに実業団リーグから日本リーグにあがる道もあり、日本リーグからJBLに上がる道もある。そういう意味では、【トップリーグ】という位置付けが無いことはないが、わかりづらく、それを目指す道筋を小学生もわかるように提示できていないように思う。

「日本トップリーグ機構」の会長:森喜朗さんは、なんとバスケットボール経験者だそうだ。「日本トップリーグ機構」とは、10くらいの団体球技のトップリーグが力を合わせて、それぞれの観客動員を増やそうといった集まりで、去年の5月に発足しているが、具体的にクロスオーバーで観客を増やしている実績があるのか、よくわからない。
わかりやすく言うと、バレーボールを観に行ったら、バスケの試合の割引チケットが貰えるとかいったような考え方のようだ。間違ってはいないと思うが、そのチケット1枚の効果がどれだけのものなのかはわかりづらい・・・

バスケットのトップリーグはJBL・WJBLとされているが、観客動員はbjリーグに劣るハズである。

バスケットボール人口は、日本で野球・サッカーと同等レベルと言われているが、そういった現役のバスケット・プレーヤーがトップリーグにあまり興味が無いのである。

理由は、いくつか考えられる。

 ●企業スポーツの色が濃過ぎる
  学生からリーグ入りできる人数が極めて少なく、目標として設定しづらい。
  結果、プレーヤーが憧れてチーム入りを目指す状況になりづらい。

 ●入場料の割高感が強い
  趣向ないゲーム進行をただ観るだけのチケット代としては高価な印象を与える。
  憧れの的になりづらいため、知名度の高いチーム、選手が一部に限られ
  余計にチケットの割高感が強くなる。

 ●チーム力が拮抗しない
  いくつかのルール変更で選手の移籍も大きくなってきたが、
  ドラフト制度がある訳でもなく、数チームの強さが際立つことも多く、
  対戦カードに魅力がなくなっている。

こういった状況の中、バスケをやるファンは離れていき、企業色が強いがために新たにバスケットやチームに興味を持つファン層を形成できないでいるように捉える。

賛否両論あるかと思うが、意見を聞いてみたい。

ちなみに、わたしは個人的に古く日本リーグで、日本鋼管、日本鉱業などがあった頃からのファンでありコアなファン層の一人だと自認しているが、試合を観に行っても「中間層」がいない感を強く受ける・・・

|

« バスケ代表 猛特訓中 | トップページ | バスケットボール界の現状(1)~ピラミッド構造(その二) »

コメント

バスケット王国さん、できればもう少し詳しい情報が欲しいです。

あきひろさん、NBAに流れるのは、技術だけではないと思っています。プロとしての華やかさもあるし、試合を魅せる工夫としてのルールの違いがあります。
その点、bjリーグが「みる」バスケとして独自のルールを作っています。そのうち、テレビでも観れるルールに変わっていくかも知れません。
JBLは国際ルールですので、つまらなく見える部分もあると思います。

投稿: kawashiman | 2006年7月 9日 (日) 18時06分

機種依存さん;
スーパーリーグは、ホーム開催試合では、ホームチームが協会に100万円払うと聞きます。そのお金をどうやって払うのかは、チームを持つ会社の考え方次第ですよね、、、

投稿: kawashiman | 2006年7月 9日 (日) 18時03分

下手ってのは語弊がありました。
いいすぎでした。

投稿: 機種依存 | 2006年7月 6日 (木) 21時39分

私はもともとバスケとは関係ない人なんですが、スーパーリーグのチケットは割安かな、と思ってました。下手でもナマで見たいのです。

だけど、これはスーパーリーグがジリ貧だからなんですよねえ。人気のあるものは高いのが当然だし。

スーパーリーグを引退した人たちでマネージングをやってる人達ってどのくらいいるんでしょうね。Jリーグなんて協会の上の方も元プレーヤーが結構いるような気がしますが。スーパーリーグのプレーヤー自身にも自分達の世界を変える動きを見せてほしいです。プロ契約の人は特に。

投稿: 機種依存 | 2006年7月 5日 (水) 22時18分

バスケ観戦好きもNBAにどうしてもながれちゃいますよね。NBA見たあとで日本のプレーを見ると見劣りしますし。
それを思うと、本当にサッカーJリーグはうまくやってるなぁと感心します。

投稿: あきひろ | 2006年7月 4日 (火) 22時00分

進学校でない高校の指導者が優秀な選手を大学へバスケットで進学させるか否かの判断基準として「将来スーパーリーグで主力になれるかどうか」というのがあるみたいです。結果的に優秀な選手が地域の実業団やクラブチームに埋もれてしまったり、選手自身がトッププレーヤーになるのをあきらめてしまったり・・・ってことになてるみたいです!

投稿: バスケット王国 | 2006年7月 3日 (月) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75118/2483761

この記事へのトラックバック一覧です: バスケットボール界の現状(1)~ピラミッド構造:

« バスケ代表 猛特訓中 | トップページ | バスケットボール界の現状(1)~ピラミッド構造(その二) »