« 日本代表 パナマ戦の評価 | トップページ | 折茂選手がのこしたもの »

2006年8月24日 (木)

国際大会の怖さ

日本 vs. ニュージーランドをTBSで観戦

五十嵐の表情は、チームリーダーとしての自負と自信に満ち、コート上で各選手に声を掛けていた。その姿に高校・大学の先輩:佐古選手の影を見た気がした。
本当に五十嵐は一皮剥けた!
これだけマスコミにとりあげられていることは意に介さず、代表プレーヤーとして自分の資質に磨きを掛け、この大会でプレースタイルをも成長させている。

この変化を画面を通して見ることが出来た裏には佐古選手からのエールに応えるべくトライした五十嵐のプライドが覗けて見えた気がする。

朝日新聞は大会前から高校野球の次に世界バスケを大きく取り上げてきた。他紙の具合はわからないが、女子バレーより写真も写真を含む記事が紙面に占める面積もデカイ!

試合記事とは別にコラム欄や特集で、レジェンドやbjリーグを引き合いに出し、国内バスケ事情を紹介してきた。取り上げたい内容がいくつかあったが時間が無く今日に至る。

ニュージーランドとの決戦日の朝刊のコラムは佐古からのメッセージだ。
一貫して、コミュニケーションとバランスを強調している。(引用して紹介したい)

『日本が3戦目で初勝利を挙げた。自分としてもすごくうれしい。』

『第2戦のアンゴラ戦はもったいなかった。身体能力ではとうていかなわないアフリカ王者に個人で勝負を挑んでしまい、日本がやりたいバスケットを相手にやられた。』

『前日の初戦で強豪のドイツに善戦できて、自分たちは力があると錯覚したのだと思う。チャレンジ精神を忘れていたとは言わない。が、チームでなく個人のチャレンジになってしまっていた。』

個人のドリブルに頼る場面の多かったアンゴラ戦とは違い、ショートパスがよく回っていた。』

 →ドリブルミスがニュージーランドでも目立った。3回程あったろうか、やってはいけないミスだったが、これもプレイングタイムをこま切れに与えられ続け30分近くプレーしたことのない経験不足だったように思う。譲次のシュートミスも同様だ。ニュージーランドの目一杯のディフェンスと張り合ったことがボディーブローのように効き始めた4Qの頃には譲次の顔からは生気さえうかがえない程だった・・・

『アンゴラ戦では一度も組まなかったハドルもパナマ戦では組んでいた。コミュニケーションをとり、チームとして戦えたことが勝利につながったと思う。』

経験を積んだ佐古からの的確なアドバイスだったのではないだろうか?

同様の気持ちを語る人を見つけた。佐古と同級で、同様の経験をしてきた元全日本女子のシューター、元全日本女子アシスタントコーチの萩原美樹子さんだ。佐古賢一オフィシャルサイトのGuestRoom Vol.5 に見つけた。

sakoken.net 佐古賢一オフィシャルサイト

ニュージーランド戦での前半の精神状態は、ホームの応援に応えラストチャンスをものにするぞ!といった意気込みが前面に出ていたが、後半は別人だった。
リードをよそに「どうやったら勝てるんだろう?」と模索し続け、勝つためにファウルをセーブし守りに入ったことでターンオーバーを呼ぶという空回りをしていった。
網野の怪我というアクシデントが網野のプレイングタイムを削ってしまったことも痛かったが、やはり折茂をフリーに出来なかった点が課題として残った。
派手ではないが手堅いディフェンスを敷くニュージーランドに、うまいように先回りしてチャンスを潰されていった。とは言うものの神懸かり的な折茂のシュート成功率は国際試合では彼のベストゲームと言っていいのではないだろうか。バスケファンの目に胸に、そして折茂ジュニアの心に刻まれたことと思う。

柏木・節政をPGとして使えないと戦前から判断しての起用方法だったが、その判断が特定選手のプレイングタイムを長くし、4Qに踏ん張り切れなかった点が悔やまれる。
ジェリコの采配というよりも、これが日本の体力面の実力(民族的な筋力などの特性)だということだ。

明日の奇跡よりも、今日の現実を見つめることを忘れてはいけない、という佐古・萩原さんのメッセージを今一度噛み締めて欲しい。

|

« 日本代表 パナマ戦の評価 | トップページ | 折茂選手がのこしたもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75118/3188926

この記事へのトラックバック一覧です: 国際大会の怖さ:

» 本当か?本当だったら・・・ [on the rise bjリーグやれんのかやれますよ日記]
ニッカンスポーツより。 日本、最終戦で監督去就決まる 日本のパブリセビッチ監督の去就は、 24日に日本が決勝トーナメント進出を決めるかどうかで変わってくる。 日本協会と同監督との契約は今大会限り。 1次リーグを突破した場合は契約更新が有力だ。 敗退した場合は契約を更新しない方針で、 後任の候補にスーパーリーグ、アイシンの鈴木貴美一監督らの名が挙がっている。 事情を知らないやつが書いてるんだよな? こういう話を面白がる下劣な人間が勝手な�... [続きを読む]

受信: 2006年8月25日 (金) 01時21分

« 日本代表 パナマ戦の評価 | トップページ | 折茂選手がのこしたもの »