« WJBL観戦 | トップページ | 沖縄のバスケ! »

2006年10月 1日 (日)

コート上のコーチ: リョウ

WJBL:富士通戦 観戦二戦目

今日は落ち着いた感じで序盤から終始リード。安心して見ていられた。動きが見えないので床に近いところではバスケ観戦はあまりしないのだが、プレー時の視線の高さを同じにしてみようとベンチ裏に陣取った。


アップから見てるとリョウは凄く落ち着いて、試合が始まるとプレーに率先して参加し、指示を出し、アシストパスを決める。そして勿論、隙あらば確実にシュートを決める。

コート上で若手を使い、やばくなるとボールを呼び、残り数秒でシュートを決めるかナイスパスを出す。時にはボールを運び、時には動くタイミングが遅いとか、方向が違うと指示を送る。
明らかに試合を支配するポイントファワード!

昨日と比べても意味が無い。これが普通の出来なのだ。シュートは力まず、バッサバッサと決めていった。

中村ヘッドも、タイムアウト時に戻ってきた選手がリョウと意識合わせしている時はさえぎらずにコミュニケーションを取らせてから、指示を始める。

チームとして成長してるのは、合わせ等のタイミングやコートの中でのお互いの役割やポジショニングが噛み合っているという点だ。皇后杯を取った時より進化しまくっている感じがした。

今日の勝ち方には(昨日と比べたら)満足しているだろうが、目標はリーグ優勝!
格下に苦戦してる場合じゃないと一晩で切り替えることができはしたが、勝負師の目は「JOMOとどう戦うか」を見据えているように見えた。

|

« WJBL観戦 | トップページ | 沖縄のバスケ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75118/3658902

この記事へのトラックバック一覧です: コート上のコーチ: リョウ:

« WJBL観戦 | トップページ | 沖縄のバスケ! »