« オンザコートの弊害(その2) ~ 本当の強化とは | トップページ | バスケ全日本男子の再強化を握る『心技体』のバランス »

2009年8月26日 (水)

ジュニア育成

昨日はオンザコートルールに絡むビッグマンの確立が全日本強化に繋がるとし、ビッグマンに必要な【ハートと体幹】のうち、ハートはジュニアから鍛えないとならない、と結んだ。

小永吉さんのABC前のブログ「北京オリンピックの宿題」にて、アン・ドノバンさんから重要な指摘があったと記されている。

ドノバンさんはかつて日本でプレーしており、北京五輪米女子HCとして優勝報告で古巣:シャンソン化粧品に今年の2月に訪れたそうで、その時のインタビューとのこと。

日本をバスケ界の構造を知る彼女の提案は、重要だ。

ジュニア・プログラムをしっかりとすること。そうすれば、限られた素材の中でも、身長とか体格をクリアして伸ばしていける部分はあります

ハートの部分ではないが、やはり時期のターニングポイントとしてジュニア世代を指していた。

言われてみると、NBAではJr.NBAプログラムを2006年から始めている。

また、bjリーグでも「bjリーグ カップ」としてジュニアバスケットボール大会を開催している。

ジュニアは、中学2年までのカテゴリで、一回見れば真似して同じことが出来てしまうというゴールデンエイジの時期を若干過ぎてはいるが重要な時期には変わりがありません。

この時期に何を仕込むべきかの情報共有策を"全日本の強化策の一環として"実現して欲しいところだ。




ドノバンさんのインタビューでは、アメリカ代表チームのコーチシステムを紹介している。

ヘッドがいて、アシスタントが4人下につく。ヘッドが4年任期で交代するがアシスタントから昇格するという方式だ。

技術や指導法の基本部分を継承することに重点を置いていくということだろう。

五輪で金を逃したアメリカが編み出した重要な方針ではないだろうか。

これを真似ることは簡単だと思うが・・・

|

« オンザコートの弊害(その2) ~ 本当の強化とは | トップページ | バスケ全日本男子の再強化を握る『心技体』のバランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オンザコートの弊害(その2) ~ 本当の強化とは | トップページ | バスケ全日本男子の再強化を握る『心技体』のバランス »