« ジュニア育成 | トップページ

2009年9月 1日 (火)

バスケ全日本男子の再強化を握る『心技体』のバランス

最近はバスケを取り上げない朝日新聞のスポーツコラム「萩原美樹子の目」で、アトランタ五輪後の女子は5~6年間は不動メンバーだった例を出した上で「今の男子代表は青い果実のようなもの」だからドアをノックし続けることをやめないでほしいと2006年世界バスケ惨敗の全日本男子をかばった。

 

しかし彼らが集結して5~6年が経った今、決断の時なのかも知れない。

 

次期東アジア大会男子HCに小野秀二さんの名前があがったそうだ。

 

遠い記憶には、国際試合で山本浩二さんからの交代でコートに入った瞬間からアグレッシブなディフェンスをする姿がうっすらと浮かぶ。

 

今回なぜにHCになるのかという布石がないかとネットを調べるが、特に見当たらず結果的に世界バスケ終了時の自分のブログに辿り着く。

 

 「世界バスケ終わる

 

ブログでは上で紹介した萩原さんのコメントに続き、小野秀二さんが「『心技体』の心が乱れたらいいプレーに繋がらないことが勉強になった」とし、「ディフェンスのいいチームが勝ち上がった(ことを見直して欲しい)!」と訴えたことを取り上げている。

 

この観点から言えば、今アジア大会を見る限りでは現メンバーに成長の後がなんら見られなかった結果となった。

 

元々ディフェンスに励んだ選手時代のプレースタイル、現在の日立HCとしての言動、コメンテーターとしての言動は常にディフェンスに重点が置かれていて彼のポリシーと伺えるし、そこに信念が垣間見える。世バス最終戦の解説をした小野さんのコメント内容が今、そしてこれからに響く。

 

おそらく小野さんは、強いハートを持ったディフェンス中心の展開を強化ビジョンとして取り組むことだろう。


これは、前回ここで全日本強化の課題としてあげたビッグマンの確立の必要性と、そのために強い【ハートと体幹】を鍛えるべきとしたことと少しは繋がった気がして、楽しみが増えた。

 

実はファンとしては小野秀二さん が歴代全日本男子PGのナンバーワンだと思っている。ちなみに、ナンバーツーは佐藤清美さん、ナンバースリーは棟方公寿さんである。残念ながらツー・ス リーは全日本のユニフォーム姿を見ることは出来なかったが、自分の中での評価は代々木第二で観戦した関東男子学生の大会での記憶による部分が大きい。

 

うまいPGとしてはナンバーワンに佐古、ツーには田臥を入れたいが是非全日本のユニフォームを公式試合のコート上で着てからランクインさせたいと思うし、是非アメリカで鍛えたバスケを披露して欲しいと思う。

 

 

小野全日本男子の再強化は、ビッグマンとして誰を呼ぶか、PGが心技体を極められるかをポイントとして注目したい。また、結果を残して次の3ヵ年を小野さんに担当して欲しいと期待する。

|

« ジュニア育成 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジュニア育成 | トップページ