映画・テレビ

2006年5月28日 (日)

地域密着型スポーツクラブへの道

テレビ朝日5/28「マザー物語」は、五輪で得点王を取り、引退試合には5万のファンを集めたという日本サッカー界の怪物:釜本さんだった。

京都のガキ大将として育った釜本さんをサッカーの道に進むように尽力したのが、亡きお母様だったとのこと。

その釜本さんより先輩、現Jリーグキャプテン:川渕さんは今から46年前にドイツへ留学した際に、クラブチームの在り方を目の当たりにしてショックを受けたそうだ。

日本にはまだ無かった芝のグラウンドを一つのクラブチームが8面持ち、そこで子供達が指導を受けている環境を見て「100年は日本は追いつけないだろうな」と思ったそうだ。

欧米のクラブチームはトップにプロチームを据え、サテライトや、ジュニアなどの下部チームを持ち、地元と密着し、スポーツ振興の役割を担っている。

日本でも5年前に以下の構想が発表されている。

(1) 国民の誰もが、それぞれの体力や年齢、技術、興味・目的に応じて、
  いつでもどこでもいつまでもスポーツに親しむことができる
  生涯スポーツ社会を実現する。

(2) その目標として、できるかぎり早期に、
  成人の週1回以上のスポーツ実施率が2人に1人(50パーセント)
  となることを目指す。

2010年(平成22年)までに、全国の各市区町村において
 少なくとも1つは総合型地域スポーツクラブを育成する。

1993年5月に始まったJリーグは、4年目には人気にかげりがみえてしまい、当初1試合平均2万人の観客が半減してしまった。それによりスポンサー離れの機運が生まれ、清水は負債20億円というニュースになり、フリューゲルスの合併に至った。

合併の原因は、経営が圧迫されながらも選手の年俸を据え置いたりした不健全さだった。

そういう時代を経て、後発の「ヴァンフォーレ甲府」が取り組んだのは「サポートカンパニー制度」だった。

地元企業を回り、小額広告(看板)に支出できない小さな商店にも協力をして頂くために現物支給をして頂くいうアィディアで、社長自らが商店などを回り頭を下げたそうだ。

 ・ユニフォームの無料クリーニング
 ・売れ残りパンの支給
 ・健康ランドの年間無料利用
 ・氷の支給
 ・チケットのまとめ買い

など200を超える企業がこの制度に賛同し、結果的には支援とは別に自前でチケットを購入して試合に応援に行くという地元民のチーム愛を生んだそうだ。

こういった地元の絶大なる応援は、2001年の最下位(観客1500人)から2005年には3位まで上がり、J1との入れ替え戦に勝利するまでの原動力となった。
まさに地域密着型スポーツクラブの典型的な成功事例と言える!

サッカーに比べ、バスケットは抱える選手の数も少ないがゆえに年俸合計が莫大な金額になるのはまだ先と思われるが、各バスケプロチームは甲府のような努力をお手本にして、経営力の向上と地元密着度の高揚を獲得し、バスケシーンを盛り上げて欲しい。

今回のネタは、NHK教育テレビ4/15「知るを楽しむ この人この世界」の川渕さんの全6回のうち5回目の放送にて得た情報である。

Jリーグはサポーターを悲しませる「クラブ消滅」を二度と起こさないための経営委員会を構成し、各チームの経営状態を透明化した上で監査する仕組みを実現している。

これは、

 『クラブは企業だけのものではない。地域サポーター皆のもの』

という理念を再認識しての固い信念のもとにチェアマン指針として打ち出したものだ。

是非バスケットリーグにおいても、サポートカンパニー制度経営委員会のような仕組みを検討・実現していって欲しい。

地域密着型スポーツクラブとしての実質的な活動を広げていって欲しい。

ミニバス対象のクリニックだけでは地域には密着できない。子供対象だけではなく、バスケに興味のなかった大人に大して何かを訴求する必要があるのではないだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

「世界バスケへの道」はじまるよ!

世界バスケ「fibaバスケットボール世界選手権」の魅力を伝える
新番組「世界バスケへの道」が、
スカパー180chで6月6日より無料でスタートする。

司会:下田恒幸・原田裕花(ゲスト随時あり)
毎週火曜 21:00~22:00

※随時再放送(180ch他)  ※スカパー!110での放送あり

○スカパーレンタルは、月々725円で世界バスケが見れます!
 以前の紹介記事
 初期登録費用2980円は別途かかりますが、
 導入費用と思えば安いですね。

No1basuke_2

昨日、共同会見したTBSの世界バスケの放送スケジュール
TBS [世界バスケ] 特設サイトで確認できます。

8月19日(土)15:00~16:54 ドイツvs.日本

8月20日(日)15:00~16:54 日本vs.アンゴラ

8月21日(月)24:55~26:25 日本vs.パナマ

8月23日(水)24:55~26:25 ニュージーランドvs.日本

8月24日(木)24:55~26:25 日本vs.スペイン

9月3日(日)24:30~26:30  決勝

  *8/21・23・24の放送時間は地域によって変更の場合あり

8月はTBSとスカパーでバスケ三昧。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 ・スカイパーフェクTV!とTBSが共同制作記者発表
  昨日の記者発表の様子やインタビューをまとめています!

 ・<日本代表 第6次合宿<広島>のご案内 by S-MOVE
  5月27日(土)5月28日(日)のU24代表との練習試合について
  詳しい情報が載っています。

 ・平成18年度男子日本代表インタビューvol.2 by S-MOVE 
  古田悟選手(トヨタ自動車)のキャプテンとして、というよりは
  選抜メンバーとしての心意気を語っています。 

 ・fiba公式リリース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

バスケット世界選手権 放送発表!

バスケファンにとってはエキサイティングな一週間になりそうです!

その口火を切った五十嵐圭選手の「ジャンクスポーツ」(フジテレビ)への出演は、本人が映っている時間、しゃべる回数、紹介されたプレービデオ時間は長く、全国のバスケに興味の無かった女性の気持ちを揺さぶったことと思います!

◆『世界No1バスケ』でおなじみのバスケット世界選手権
 TBSとスカパーが共同放送することに関する発表会見が
 本日13:30から行われるそうです!
 代表選手3名も登壇するとのこと。

 模様は、TBSの以下のニュース枠で確認しましょう。

  ・夕方 17:35頃から(関東ローカル)
  ・夜  23:30頃から(全国ネット)
  ・翌日 朝 6時台のスポーツコーナー(関東?全国?)

  ※同時に放送予定についても告知されると思いますのでメモ・録画のご用意を!

bjリーグでは13時よりドラフト会議が行なわれます。
 結果速報は公式ページで!

 会議中には、新規参入チームにより、
 既存6チームのプロテクト対象選手27名以外を獲得する
 エクスパンションドラフト指名選手の発表も同時に行なわます。

NBA
 カンファレンス・ファイナルへの切符、残り3枚が今日・明日で決まります!
 NHK BS7 など放送予定

横山 美沙選手アメリカでプロに!
 女子プロバスケリーグWBCBLのトライアウトを受け、合格したそうです(5/11)。
 本人ブログ by GymRats

basketball ブログランキング! クリックをお願いします。
Clickit

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

バスケ界No.1貴公子 五十嵐圭

◆8/29今夜 24:25 TBSドキュメンタリー バースデイ」でバスケ特集第2弾を放送

◇後記 2006 7/25
 右に五十嵐選手に関する過去記事へのリンクを作りました


◆ニュージーランド戦の五十嵐選手の私的評価はこちら

今夜、全日本ポイントガード:五十嵐圭がフジテレビ「ジャンクSPORTS」に出演!
5/21(日) 後07:58 〜 08:54  

新聞テレビ欄では「バスケ界No.1貴公子」という見出し!

テレビ番組サイト(EPG)では、「バスケ界No.1貴公子が自慢のプレー披露」という内容紹介。
ONTV Japan

世界バスケNo.1 のキャッチフレーズによるバスケ世界選手権という大会のPRではなく、あくまでも五十嵐というバスケ界の救世主にスポットを当て、そのプレーに焦点を当てる。

これで、五十嵐がどんなプレーをして、どんな顔をしていて、どんな意気込みを持っていて、日本のバスケに何をもたらすのかの期待感を視聴者に与えることが出来るだろうと考えられる。 

前回記事で触れた竹内選手の紹介でも、「人」に焦点を当てて、人に興味を持ってもらえるような作りだった。
フジテレビも、バスケ世界選手権には興味があるようだ。バスケットボールのメジャー化に貢献して欲しい。

  ★編集後記 ここまで読み進めて頂いた方にプレゼント ( 2006年 6/13 )
   五十嵐@ジャンク を見逃した方へ!

一方、TBSはバスケ世界選手権の中継をする予定で、来週なにやら動きがある模様!
TBSがどういう取り組みをするか楽しみだ!

  ※TBSは、世界バレー(10月)も担当するらしいので、うまく対応して欲しい。

ついでに紹介すると「スカパーがやらなきゃ、誰がやる!」でおなじみのスカイパーフェクトTVではバスケ世界選手権の全80試合を無料放送する。
パーフェクトチョイス(ch.180)
http://www.ppvj.co.jp/

  加入済みの方はお忘れ無く。
  未加入の方は、レンタルサービスがお得!
  <初期費用2980円のみで、アンテナ・チューナー・工事は無料>

  レンタル料315円/月 + 利用料410円/月 だけで見れます!

  他に、NBAやbjリーグやJBLの中継を見るためには、
  チャンネルごとに料金設定があります。
  今からならファイナル試聴も間に合うかも。。。
  http://www.ppvj.co.jp/sport/nba/
  放送予定

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年5月14日 (日)

フットボールパーク

「日本代表決定直前SP」(テレビ東京)を見た。

サッカーW杯出場について、今では当然のように意識してしまっていたが、予選を勝ち上がる間に内部崩壊事件やジーコ解任要求事件などのもめごともあり、出場決定までの道のりはとても険しかった。

そして、固定化された国外組に怪我人が出て、代わりに抜擢された選手がゴールを決めることで層の厚さを証明し、また彼ら国内組がモチベーションを下げていない点を代役者本人へのインタビューで証言させた。

日本代表への「誇り」「あこがれ」「試練・鍛錬」の凄さを垣間見せられ、また代表チーム内の選手同士のコミュニケーションの大切さを知らされた。

日本におけるサッカー代表チームの「権威」を改めて感じた。

バスケットボールでは、どうだろうか・・・?

日本で世界一を決める大会が開かれることは、サッカーと同様だが、何かが違う。

日本はJリーグというプロリーグが立ち上がり、当時のスーパースター化した選手が終結した代表チームがW杯予選敗退のを辛酸を嘗めた。それに共感した国民感情にナショナリズムを奮い起こさせ、サッカー日本代表を応援することでW杯への道を共に歩むという確固たる応援スタイルが自然に築き上げられたように思う。

よくよく考えると、先だっての野球のWBCも、全く同じ構図ではないか!

バスケに無いのは、プロのスターが代表チーム入りを争うという競争の場ではないだろうか?それが無いままに世界選手権に出場しても、なかなかナショナリズムまで喚起することが難しいことは自明だ・・・

せめてサッカー日本代表キャプテン:宮本恒靖選手プロデュース 『宮本恒靖 FOOTBALL PARK』のようなイベントで大会を知ってもらうべきではないだろうか?
宮本恒靖のブログで少しパークのことについてコメントがあるが、ドイツに観に行けない人のために作ったとのことだ。日本国内開催のバスケ世界選手権に関しては、観てもらえる人(=チケットをまだ買っていない人&開催を知らない人)はまだたくさんいるハズだ。
是非ファンを掴む努力をスポンサーも考えて欲しい。

コンセプトカフェ“FOOTBALL PARK CAFE”が併設されるようだ。
この手の(?)イベントには、カフェが付き物になってるようだ・・・
バスケカフェを考えねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

I'm Feeling Lucky,,,NO!

昨夜、亀田の日よりTBSがいよいよ「世界バスケ」に本腰を入れ始めた!
中継用に「世界No.1バスケ」の文字をコーナーポストにプリントしたようだ。
また、大会PR用映像も流したらしい!

ここ「kawashimanとバスケット」が、昨夜7~9時の間に、これまでの1日のアクセス数の2倍以上のアクセスがあった。
アクセス分析してみると、各有名検索サイトにて「世界No.1バスケ」を検索してやってきたものと判った!

現時点では、各検索サイトで検索しても広告リンクのすぐ下には【2006年FIBAバスケットボール世界選手権】 が配置されている。(昨夜は無かった気もしたが・・・)

そして極めつけは検索サイトでは一番利用度が高いと言われているGoogleだ!
Googleには、キーワードに一番そぐわしいサイトを一発で表示してしまう [ I'm Feeling Lucky ] ボタンがある。あなたも世界No.1バスケと入力して押してみてください・・・なんとここ「kawashimanとバスケット」の記事が表示されるではないか!?

いやぁ~、苦笑。

TBSはやむを得ないとしても、日本バスケ協会や、世界選手権など関連のどのサイトにも「日本No.1バスケ」の文字が無いのだ。広告効果はわたしのブログに数百のアクセスが来た程度なのだ。

Yahooの検索に至っては、わたしのもう一つのブログ「Yahooブログ:ひだりききコネクション」も含めて、わたしが書いたブログ記事へのリンクしか結果表示されないではないか!

あのポスターの「世界No.1バスケ」ロゴに注目していたのは日本でわたしだけ(?)のようだ・・・
もしブログをアクセスしてもらえてラッキーか?と聞かれたら「ノー」である。
情け無い!ぬる過ぎるぞ、日本バスケットボール協会。
Webの仕掛けには、本当に精通してもらわないと、バスケが時代から取り残されてしまうゾ!

次のサイト 次の次へ 説明
前のサイト 前の前へ 本部
サイト一覧 ランダム 管理者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしをバスケイベントに連れてって!

5月5日 ストリートバスケットボール・イベント
【HOOP IN THE HOOD】 (フープインザフッド) <
HITH>

HITHオフィシャルサイト: http://www1.ttcn.ne.jp/~dope/

今日は楽しめた!

楽しませること、それがエンターティメントだ。
そういう意味で、トータルでHoop In The Hoodはエンターティメントしていた。

ストバスは初めての観戦、しかも夫婦で。隣で嫁さんは、大興奮。
大学の時から一緒に(競技)バスケを見てきて目の肥えている彼女。
あれだけ興奮してバスケを見ている彼女を見たのは初めてかも知れない。
「同じフロアで同じ目線で見れて、選手の息遣いが聞こえるくらいの迫力が凄かった」と言っていた。

バスケに限らずエンターティナーのプロは、最高の技術を最高に魅せて、感動を呼ぶ。
最高の技術が無ければ、無理にエンターテイメント化しようとして空回りしているのはバレる。

嫁さんもバスケのファンダメンタルがなんぞやということについては、ある程度理解していて、今日の参加チームのファンダメンタルの高さが、彼女の手放しでの応援を呼んだのかも知れない。いいプレーには大拍手していた。

観ている人が何を求めているのかがわからなければ、エンターティメントは成立しない。

映画「コットンクラブ」で、ファンになったグレゴリー・ハインズがタップ公演に来たことがある。
タップだけの独演というシチュエーションに慣れなかったため、わかりづらかったが、目一杯のショーを展開してくれたの見せられ、「あぁこれが本場の最高のエンターティナーなんだな」と感じたが、それを今思い出す。

最初の感動は、塾長(司会・主催DOPE代表)の開始時の挨拶だった。
「バスケを楽しみ、またいろんなバスケのイベントに足を運んで欲しい」というコメントに、今のバスケ界を象徴する「普及のための願い」が込められていた。
これが、このイベントを開催する主旨であり、これが観客に通じればこのイベントは成功だ。この挨拶を聞いた時点でイベントの成功を少なくともわたしは確信したのは言うまでもない。

独自ルールの説明を敢えてしないで進めたが、なぜかすんなりゲームを楽しめた自分がいた。きわどい判定もあったが、キッチリと審判がジャッジし、審判を侮辱するようなジェスチャーは、ほとんどなかった。下手な競技バスケよりも、選手のマナーの良さを感じた。これは<舞台裏ルール>があるのかも知れないが、大会全体を引き締めた要因の一つであり、エンタメ性を盛り上げた影の演出となったようにも思う。

バスケは本来、入れあうだけの単純なゲーム。細かなルール理解は不要であり、不要であること自体がバスケのエンタメ性の高さなのかも知れない。

あとは、予選を勝ち抜いた8チームでのトーナメントの合間に行われるアトラクションも、観客を飽きさせることなく、いいタイミングで盛り込まれていた。

見ていてダレたのは、50人位が列に並んだ「決めれば賞品が貰えるフリースロー大会」だけだ。男子1本、女子2本で、シュートを決めればスポンサー提供のグッズを貰えるというもの。嫁さんはトライしたが、残念ながらリングをはじかれた。

経験者(現役)の女子はシュートを見ればわかる2本撃てば1本は入るに決まっている。
どうせなら経験者には「ノックダウン」(アメリカでポピュラーなフリースロー&ゴール下のゲーム)を競わせると見てる者も楽しめるハズだ。


他のイベント:小学生によるHIPHOPダンスや、男子ダンス2チームのダンス対戦や、フリースタイル・ショー、そしてダンクコンテストは思わず見入るだけの味があった。全体に流れるHIPHOP音楽が場を盛り上げ、塾長のマイクパフォーマンスがうまく観客の気を惹き付けたのだろう。

他のバスケイベントに行きたくなるキッカケには充分なイベントだった。
まさに、『わたしをバスケイベントに連れてって!』、だ。

次のサイト 次の次へ 説明
前のサイト 前の前へ 本部
サイト一覧 ランダム 管理者

| | コメント (0) | トラックバック (0)